弁護士への相談の違いを知っておこう

###Site Name###

TOP > 弁護士への相談の違いを知っておこう

弁護士に対して何らかの法的相談を行う際には、まず相談料金を計算しなくてはいけません。弁護士に対する法律相談の基準に関しては勘違いをしている人も多いのですが、そもそも弁護士に対する法律相談の料金はその法律相談の内容によっては決まりません。

基本的に、相談時間によって料金を決定しているのです。


相談内容がどのようなものであったとしても、その相談時間が短ければ料金は高くなりませんし、逆に相談内容が大した問題でなかったとしても相談内容が長くなればそれだけ大きな料金が必要になります。

弁護士の無料相談情報の公開中です。

誤解をしている人も多いのですが、法曹家に対する報酬というのはその法曹家本人が独断で決定しているわけではなく、明確な法律的なルールの範囲内で決めています。必要以上の金銭を設定すると法定外の請求となって法曹家の方が何らかの罰を受けることも十分に考えられますので、その点に関してはしっかりと知っておく必要性があります。



これは、弁護士だけに限ったことではなく税理士や司法書士であっても同じであるので、何らかの法律的な相談をする時にはこうした基準が存在するということを知っておく必要があるのです。

また、法曹家に対する相談の中でも民事的な案件と刑事事件の相談ではまるで手続きや相談までの手順が異なります。

民事的な案件に関しては本人からの相談が必要になりますが、刑事事件に関してはその限りではありませんので全てを一律に決めているわけではないのです。